DI_IMG_5788500-thumb-1000xauto-17945

愛人という関係は、具体的にどんなタイプの女性に向いているのでしょうか。
愛人契約というと、若い女性が相手であるということがイメージの人もいるでしょうし、逆に同じ既婚者同士など熟女が相手のほうがイメージが強いという人もいるでしょう。
それぞれ、どちらも掲示板で愛人契約の相手を探していることもあって、どちらしかないということはないでしょうが、それぞれの特徴を紹介しましょう。

若い女性のパパになる愛人契約

若い女性が対象になる愛人契約であれば、やはり男性側が所謂パパになるというタイプの、男性側がお金を渡して愛人契約を結ぶタイプが向いているといえるでしょう。
こちらは、出会い系の掲示板で募集していることも多いのですが、愛人契約の相手を探している人たちが利用している高所得者限定の仲介サイトなどを利用することも多いですね。
また、ほかにもセックスを重視した関係も実は若い女性が結構求めていることも多いんですね。

熟女の人妻との恋愛愛人契約

逆に、熟女などの人妻を対象にした愛人契約はどちらかというと恋愛やデートなどを重視した関係性が向いていると言えるでしょう。
わざわざ不倫をしあう、というような関係性を作るのはお互いに結婚しているからおおっぴらに恋愛をすることができない、という人たちが多いんです。
そういう人たちは、同じ秘密を共有するために既婚者同士で恋愛をするために不倫をするという人が多いのでこちらが向いているといえるでしょうね。
基本的には、お互い対等な不倫関係なのでお金のやり取りが介在することはまずありません。

それぞれのメリットについて

若い女性のメリットは、割り切った関係性であることが多いですね。
きれいな女性を囲ったり、若くて可愛い女の子とセックスを楽しむことができるところです。
逆に、人妻熟女と不倫をするメリットはお互いに大人なので秘密を守りやすく、落ち着いた恋愛気分を味わうことができるというところですね。
刺激を求めるか、安定を求めるのかということがそれぞれのメリットを選択するという形になるでしょう。

まとめ

どちらのほうがいい、ということはなく基本的に愛人契約における目的と好みによって変えるものですからね。
そして、相手が求めている条件に自分が合致しているかどうかということがとても大事なのです。
だから、自分の好みはもちろんなのですが自分の能力や立場が合うかどうかということもよく考えるといいでしょう。

関連記事