DcpBcPMvToHGhEGryUDvcNVn2iarKqt8
愛人と一口に言っても、その形にはいろんな種類があるんですね。
愛人という形自体は、掲示板や出会い系などで募集をかけることが多いとは言え、どういう形の愛人契約をするのかということが人によって違いますからね。
どんな愛人契約を求めて相手を探しているかによって、愛人契約の形も変わってきますので、自分が愛人契約をする相手を探す場合は目的がちゃんと合致しているかと確認しましょう。

セックスを重視した関係

愛人契約の中でも、特にここ最近インターネットで増えているのがこのセックスを重視した関係ですね。
結婚してはいるけど、伴侶とセックスレスだったりするような人が、セックスだけは外で満足するために求めるのがこの形です。
関係性としては、最もライトかつドライな関係といえるでしょう。
言ってみれば、風俗に近い関係性でお互いに恋愛関係はありませんのであまり深入りしないのでリスクも低いのが特徴です。

月額制などのお金を介した愛人契約

年の差が出やすく、いわゆる男性側がパパと呼ばれるような関係性がこの月額制やお金が介するような関係性ですね。
いわゆる、愛人契約の中で最もポピュラーなものですね。
エッチな関係はもちろんなのですが、経済的に豊かな男性が若くてかわいい子を囲うというような形になります。
プレゼントや、食事につれて行ってあげるほか、愛人契約を結ぶ代わりに月に幾らもらうというような形になるので愛人契約の関係の中でも一番お金がかかるものだと思っていいでしょう。
相場は、人によって違うのですが多い人は月40万、ややランクが下がると月20万から数万くらいというような形に下がっていきますね。
男性のランクによって、値段はかなり変わりますね。

1回ごとにお金がかかる愛人契約

上の月額制とは違い、こちらの場合は月にお金を渡すのではなく会うたびにお金を渡したりして、愛人契約をするというような関係性になっています。
およそ、1回あたりに2、3万円くらいが相場になっていることが多いですね。

まとめ

基本的に、愛人契約というのはお金がかかるものなのですね。
一番上のセックスを重視したものだと、お互いがセックスで満足するためだけのものなのでそれほどではないのですが、その他の関係性は基本的にお金がかかりますし、割と大きな額がかかってくるというようなところが愛人契約の特徴です
だから、ある程度お金に余裕がある人だけの遊びということが基本であることを覚えておきましょう。

関連記事