br_062

愛人という関係には、色んな形があります。
ただ、デートをするだけというような疑似恋愛を会っている時だけやっているという関係もありますね。
他にも、デートをしたりエッチをしたりする代わりに若い女性にいろんなものを貢いだり、遊びに連れていったりするというようなパパの関係もありますね。
そして、特にその中でも深い関係性になるのが本当の恋愛関係をもった愛人です。

愛人契約から発展する関係

掲示板などで愛人契約の相手を募集をする関係には、種類は問わず色んな形での愛人契約の相手を探しているものです。
そして、その中でも恋愛をより重視した出会いを探している人なんかは愛人契約から初め、その先まで関係を進めていくということもあるんですね。
具体的な話をすると、愛人契約から本当に結婚して妻にしてしまうというパターンです。
かなりレアなケースではあるのですが、決してないわけではないんですね。

よくあるフレーズを体現するのが愛人契約

たとえば、j不倫の関係の中でよくある妻と別れて君と一緒になる、なんていうようなフレーズがよくありますよね。
まあ、大概が不倫関係を継続させるためだけの方便であったりすることが多いのですが、それだけではなく例えば夫婦関係があまりにも冷え切っていたりすることで、不倫関係のある相手と本気の恋愛に発展してしまうということもあるんです。
だから、そういう時は現在の婚姻関係がある夫婦と離婚してから、愛人契約を結んでいる人と再婚して妻にするということもあるんです。

愛人契約から妻にするためには

まず、第一に愛人契約という関係は関係の目的を明確にしてから付き合い始めるものです。
だから、愛人契約から関係性を妻に発展させるというような形にするのであれば最初から深い関係、つまりは本気の恋愛をするということを前提にして愛人契約の関係性を形作らなくてはいけません
ドライな関係というか、割り切ったような関係を作ることを前提にしているような愛人契約を結んでいる場合はそんな発展は望めないので気をつけましょう。

まとめ

愛人契約から妻になるという形は、結局のところ最初から深い本気の恋愛をしようという愛人契約あってこそです。
最初は軽い気持ちで、どちらかが本気になってしまったという場合は相互の目的がズレてしまって泥沼になることも多いですからね。
現在の結婚生活に対して大きな不満や、解消を求めているレベルの夫婦だからこそそういうことに発展するのです。

関連記事