1373695164f4064e78f38c02ff7e68a12614458cc6
愛人、と聞くとやはり不倫関係になりますのでどうしてもいいイメージを持つ人は少なくなると思います。
結婚をしていながらの浮気、二号、お金がかかわる不順な関係、そういったイメージが一般的でしょうね。
本妻がいながらも別の女性に手を出すということに関してはやはりイメージがよくないのは当然です。
しかしながら、その形によっては決して悪いイメージばかりではないのです。

愛人のいいイメージに関して

例えば、年配の男性が若い女の子のパパになり、お金を渡してセックスを楽しむというようなものだとやっぱりイメージがよくないですよね。
しかし、愛人契約というのは決してそういうものばかりではないんです。
たとえば、経済的な理由や社会的な理由で結婚を継続はしているけど夫婦間で既に愛情がないというような家庭もあるんですね。
そういう人は、掲示板などで出会いを求め、愛人契約をしてくれる女性を募集して探していることも多いです。
しかも、それは夫婦間でちゃんと話しあいをして容認をしていることも多いんですね。
つまりは、恋愛関係がすでに夫婦にないしそれを持つ気がないからよそに恋愛を求めるという形での関係も愛人契約の一つなのです。

満たされない気持ちを満たす愛人契約

そして、もうひとつ実は愛人契約というのは肉体関係の有無は実は関係がないんですね。
だから、旦那が仕事で全然かまってくれないからせめて女性として扱われたくてデートだけの関係をするために愛人契約をするというような形もあるんです。
不法行為をしているわけではないので、法的には問題ありませんしデートで心をときめかせ生活を充実させるというものは決して悪いものではないのです。

仕事関係の愛人契約

ほかにも、やや特殊ではありますが立場のある男性が若い女性にキャリアなどを約束し優遇する形での愛人契約というものもあります。
これも、肉体関係の有無は関係なく個人秘書のような形で付き合うという一種のパトロンのような形をとることもあるんですね。
これも、仕事の一環なので決して悪いイメージとは言えないでしょう。

まとめ

愛人、というと世間ではやはり不倫や不法行為を連想させがちではあるのですが決してそういうものばかりが愛人契約というものではないのです。
なので、愛人契約と聞いてすぐに毛嫌いするのではなくどういう形での愛人契約を結ぼうとしているのかということなども詳細を見ていくことも大事なことなのですね。

関連記事