amateur06_000
私は、恥ずかしながら50代という年齢になってもまるで性欲という物が衰えないんです。
しかし、妻はそうではなく流石にもうセックスの相手などしてくれるようなこともなく、セックスレスが非常に長く続いています。
風俗通いもお金がかかるし、何より満たされない気持ちがあった私は愛人を求めて掲示板で出会いを探したのですが、これが本当に人生を変えるきっかけになりました。

ネットの募集で複数の愛人と付き合う

私は、性欲こそ強いのですが仕事はそれなりにできる方で経済的にもかなり裕福な方だったんです。
そのおかげで、愛人契約という物ができるのではないかとネットで募集をしてみたのですが、予想以上に50代の男でも若い女性が声をかけてきてくれたんです。
その中でも、大学生の子とOLの子、そしてフリーターの子と3人の子と同時にメル友になり、それぞれと愛人契約の話を進めていくと全員が乗り気になってくれました。

複数人との愛人契約を結んだ秘密

こんな若い女の子たちのパパになることができたのは、一重に募集の仕方が良かったのかもしれません。
元々は、性欲の解消のためであったのですがネットでの愛人募集初心者である私は、勝手がわからなかったので、無難な書き方しかしていなかったんですね。
それが、かえって好印象を抱いたようで、しかもお小遣いや援助の部分も結構余裕をもった書き方をしていたのも印象が良かったと見えます。

愛人契約に繋がった子たちとの付き合い

基本的には、どの子ともデートに行くときは食事でレストランやバーなどに連れて行ってそこで軽くお酒を楽しんでから、ちょっと高めのホテルに連れていくというような感じですね。
それぞれの子たちには、愛人契約として月10万+遊行費という形をとっているのですが、経済的余裕もありながらセックス以外に特に趣味もない私にとっては回すだけのお金の余裕はあったので、とくに苦もないという感じです。
彼女たちは、みな素直でエッチな子なので性欲の尽きないおじさんとのセックスにもたっぷりと付き合ってくれます。

まとめ

こんなおじさんになってから、むしろ自分が若いころなんかにはとても出来なかったような贅沢な女の子との付き合い方をすることができるようになったというのはとてもうれしいことですね。
何より、もう枯れていくだけの人生だったと思っていた自分の生き方が大きく変わったキッカケになったと思っています。
やっぱり、男は幾つになっても男ですね。

関連記事